とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は……

https://www.instagram.com/p/BEP1dholN06/
芍薬らしい花。とてもきれい。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美人を形容する言葉がある。どの花にも程遠い容姿の人はどうすればいいのかというと、少しでもよく見せるためにプロの手を借りる。……何の話かというと写真撮影の話である。
写真撮るの何度目だよー。三度目だよー。

普段のメイクに写真映えするよう、色を足したり、粉を乗せたり。ナチュラルには程遠くがっつりマスカラ、アイラインをプラスされ、口紅を塗った姿に違和感を覚えずにはいられない。濃い。いつもが適当で薄すぎるのかもしれないけど。
背景の前でポーズと笑顔をつくり、あっという間に写真は撮り終わった。三回目だからなれたもんですよ、はは……。

「こんな雰囲気でいかがでしょう」
カメラマンに今日撮った写真を見せてもらった。
写真を見て、老けたなぁ、と思った。
いちおうプロの力で取り繕ってもらってはいるけれど、前回はあんなにコンシーラー使ってクマは消さなかったし、なんか全体的に年齢を感じずにはいられない。
32歳のこの引きつった笑顔は、これからどんな修正を施されるのか。
数日後が楽しみなような、そうでないような……。

婚活再始動の準備はつづく。