とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

沈黙しながら食べる料理は、という話。

https://www.instagram.com/p/v-hrGilN7v/
送られてきた食べログのページを見て、あまり池袋には詳しくないけれど、芸劇側なら迷わず辿り着けそうだ、と思った。

tohchika.hatenablog.jp

パーティーのその後の話。
カップリングしたかの人と食事に行ってきた。

使っている路線、職場、食べたい物をきかれて、中華(餃子を食べたいがため)と答えたら、向こうが選んできたのはベトナム料理だった。ベトナム料理を男性で選んでくるとは珍しい。全部おまかせなんて、なんて楽ちんだ! スマートだ! 食事しましょうとは言われたものの反応が鈍かったので、これは話は流れるな、と思っていたけどさくっと日取りも時間も決まった。
……相談所経由で出会った男性で、かつてこんなに手際よく店を決めてくれた人はいなかったので、軽く感動する。

待ち合わせより5分ほど前に店についたら、相手はもう席についていた。
前に会ったのは数日前だというのに、もう顔の印象がおぼろげだ。挨拶した時の相手の反応が微妙だったので、あちらも実はそうなのかもしれない。短時間の回転寿司だから仕方ない。

メニューを見ながら相談した結果、コースを注文する事になった。
雑談をしながら、飲み物を待つ。

「そういえば、彼氏っているんですか?」

さらっと聞かれて不意打ちだったので、表情に出たかもしれない。いませんよ、と答える。
一応、独身で彼氏なり結婚したいと思っているからパーティに参加したんだけど、大前提としてそういう場で会った女性にその質問をぶつける意味がわからない。婚活パーティって彼氏いる女性が結構紛れているものなのか? 

食事しながらも不意に訪れる沈黙の度、向こうからされる問いかけに「うーん」って思うものがいくつかあったので、羅列する。
「あの後お友達とはパーティの話をしたんですか?」
「職場に出会いってないんですか? 今まで職場で恋愛した事は?」
「結婚したいと思った事って今までないんですか?」
「適齢期すぎると、まわりの結婚話とかどうでもよくなってきますよね? で、定年までそのまま働くんですよね?」
上二つはまぁいい。友達と一緒に参加して、その感想を語らない訳ない。
下にいくにつれてほぼ初対面でする質問か、それ……という感じに段々なってきた。

ちょっと年齢が離れているのもあって、世代で共通する話題も使えない。二人に共通しているのは、私が一緒にパーティに行った友人の話だけだったので、事あるごとに友人の話が出る。あぁ、これは何の場だったっけ……。
デザートまで出て、「出ましょうか」と言われた時は正直ほっとした。
店から駅に向かう途中、「そういえばいくつなんでしたっけ? 28歳?」と聞かれた時はもうなんなのかと……この人の“そういえば”から始まる質問は意図がよく分からない。あのパーティ30代限定だったじゃないか。あまりその辺気にしていないのか?
駅で別れてすぐに「家まで気を付けて帰ってくださいね。また、次の機会を楽しみにしています!」とLINEが着たけれど、いやいや次の機会はないだろ、気まずい沈黙ばかりだったのに。今回は完全に社交辞令だったようで、その後数日連絡はない。


あそこでカップリングした後、すぐにお茶に行っておけばよかった。
パーティの場で交換しあったプロフィールカード欲しいなぁ、って思ったもんなぁ。私は年齢と居住地勤務地ぐらいしか相手のプロフィールを覚えていなかったし、向こうも回転寿司の中で私のプロフィールってそこまで覚えていないんじゃないかって感じたもの。
お会計はほとんど向こうが出してくれたし、すごく嫌な質問された訳でもないのに、なんだかとても疲れた約2時間になった。

余談

「ああいうパーティには良く行くんですか?」と聞かれて、それって「合コンには良く行くんですか?」って合コンで聞かれるのと同じぐらい変な質問だなぁ、と思いつつ、2回目です、と答えた。回数確認してどうするんだ。慣れていたらいいのか、それとも慣れていない方がいいのか。
あの1回目の第一印象カードは、よっぽど嫌だって感じた場合以外は参加者全員に丸付ける人もいるんですよ、と教えてもらって、「へぇ」と感心する一方で「じゃあ、そういうあなたは結構回数行っているんですね」と。
今後パーティに参加する時はそうやった方がカップリング率は上がるかもなぁ、と思った。相手に興味があるって伝わるもんなー。なるほど!