とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

歴史上の人物で誰か好きな人っていますか?

と、問いかけられたらあなたは何と答えるか。

相談所経由の人と掲示板のやり取りを重ねて、実際に会ってみましょうか、と場所や時間を打合せしていた最中、相手からこの質問を受けた。
この問いの回答に、当時結構な衝撃を受けたのだけど、もう履歴が見る事ができないので、実際の質問は【好きな】人物じゃなくて、【尊敬する】人物だったかもしれない。



うーん。ヤン・ウェンリーかなぁ。
その時、思い浮かんだのは小説の中の架空の人物だった。質問の意図と違う。駄目だろ、と思い直した。
受験科目としての歴史は好きな科目ではあったけど、特に好きな人物はいない。
そういう質問を投げかけるのだから、相手は特定の好きな人物がいるのだろうと思い、どんな返事がくるのか待っていたらその回答に驚いた。


「私の好きな人物は某独裁者と某戦国武将です。決して褒められた事をしたとは言えないけれど、何者にも惑わされず自分を貫いたところが好きです」


某独裁者はナチス・ドイツの党首。某戦国武将は泣かぬなら殺してしまおうホトトギス、の今ドラマでタイトルにもなっているあの人。二人に共通するのは虐殺か……? 
いやいやいやいや。
決して褒められた事をしたとは言えないけれど、って前置きはしてるけど、どうしてその人物を選んできたんだ。他にもたくさんいるでしょ、歴史上の偉人はさぁ。
自分を理解してくれる家族や友人でも、私なら言えないな。名前の持つ印象が余りにも強すぎて、相手にどんなイメージを与えるかを考えたら、実際に好きだとしてもまずそこで名前は挙げない。
この人は美術展に行くのが趣味で、次に行きたい展示の話で盛り上がっていたし、学歴も同じぐらい(って言ったら向こうは怒るかもしれないけど)だし、きっと実際に会っても楽しく話ができるんじゃないかと思っていたので、この回答には「えっ?」となった。
初対面の相手に強烈だな、と感じさせてしまう言動は、婚活に限らずどんな場所でもなるべく避けた方がいいのではないか、と普段思っている。
【普通】の人だと思っていたけど、私の感覚の【普通】とは外れた人なんじゃないか……? 会う約束を数日後に控えていたけど、暗雲を通り越して雨が降り出すんじゃないかこれ、という気分になった。

実際にお会いしてみた詳細は省くけど、非常に自己主張の激しい方が当日現れた。
全然楽しく話せなかった。食事している最中の気持ちは雷雨。
雷も激しいし、もう早く帰して下さい。まだ1時間も一緒にいないけど、帰りたいよー。って思っていた。
……その後数時間後に向こうからお断りの返事がきた。強烈な一言を残して。

あの葡萄は酸っぱいのか甘いのか問題ではないけれど、独裁者が好きって事を先に言っておいてくれて良かったかもしれないな。仮に上手く行ったとして、付き合いが深くなってから知った方が衝撃が大きかったかもしれない。
相談所で今まで出会った人の中で、掲示板のやり取りではすごく印象がよかったのに、会ってからの印象が一番悪い方向に変わってしまった人だった。

相談所で活動している妹にこの話をしたら、「同じような質問された事あるよ。向こうは私でも知らないようなすんごくマニアックな戦国武将の名前を出してきて、調べたら主君殺しをたくさんした人だったんだよ。引いちゃった」と言っていた。妹は史学専攻なので、そりゃあ相当マニアックなんだろうね……。
相手の性格を知るのに、「歴史上の人物で誰か好きな人っていますか?」は結構有効かもしれない。


国民の映画 (PARCO劇場DVD)

国民の映画 (PARCO劇場DVD)

↑今年観たお芝居の中でラストシーンがとても悲しくて、けれど、とても美しいなぁ、と思った作品の初演版(私は再演を観た)。
独裁者には演者は充てられていないけど、【あの方】という名前で登場する。