読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

まるで花畑にいるような、きらめく空間-『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』

「わぁ、きれい!」と、思わず声が出た。

http://instagram.com/p/wk8xYFlNxc/

入り口は暗室のように黒い布がかけられていて、それを捲って中に入ると、光の花畑が床いっぱいに広がっていた。

http://instagram.com/p/wk60XcFN_d/

デジタルの花々が咲いては消え、次々と違う表情を見せる。


チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
昨日はこの展示を観に行った。写真は『花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に – Tokyo』。
もう、入り口から心鷲掴みにされてしまい、大興奮。
壁が鏡になっているので、床から広がった花畑がどこまでも続いているように見える。がんばって、花畑の中にいるような写真を撮ってみた。

この展示は前半がデジタルアートの作品群、後半が触って楽しめる遊園地のような構成になっている。
日曜日だったので、こどもがたくさん遊びにきていた。
自分の書いた絵が大きなパネルの中の水槽で泳いだり、光の小人をすくってみたり、これは小さいお子さん喜ぶと思う。きっと「きれい」とか「すごい」とか楽しい記憶を持って帰るんだろうな。
こういう驚きや楽しさを感じるものって、私が幼い頃はディズニーランドのような遊園地やテレビゲームの中にそれがあった。
こういうデジタル作品に小さい頃から触れて育つこどもたちは、おとなになったらどういう未来を創っていくのかな。なんて、ふと思ったり。

初めて日本科学未来館に行ったので、常設展も覗いてきた。
アシモやアンドロイドがいたり、仮想都市で遊べたり、常設展もかなり見ごたえがある。3Dプラネタリウムも面白そうだ……また行きたいな。
1個前の記事でも書いたけど、やっぱり博物館はおもしろいぞー!