とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

この海では色々な人が泳ぐ

ぶくぶく。ぶくぶく。

相談所という名の海では男女ともにたくさんの人が自分の望む岸を目指して泳いでいる。
え、私の話? 岸? 見えないよ。アドバイザーさんは「こればっかりは縁なので、とにかく会うところまで行ってください」って言うんだけどね……。

相談所ってどんな人が活動しているの? というのは色々な人が思うところだろう。

ここは条件ありきの場所 - とおくてちかい。
今回の泡の中では更に色々な職業の人から申込みを頂いた。

SE稼業従事会社経営者国家・地方公務員マスコミ金融投資家弁護士公認会計士建築設計……いろいろ。難関資格の士業や人気の職業も多数。

恐ろしいのは年収が1000万とか2000万を超えている人が結構いるって事だ。
お金は……あるところにはあるんだね!
年収が高い人は女性に求める容姿レベルが高いのか、速攻お断りされされるけど(´・ω・`) あと、年収があって自身の見た目や職業がある程度武器になるのを理解している人もお断り早い。
初めの申し込みは年齢とプロフィールとか表面的要素だけで相手は申込みをしてくるので、若い人はそれだけ有利なのはもう死ぬ程わかった。都市部の30歳ぐらいまでの人は申込みすごく来ると思います……返信が追いつかない。
今までは年収に関しては自営の人しか源泉徴収票の提出を求めていなかったようだけど、うちの相談所もこれから男性には年収の証明を求めるような事をこの前の面談でアドバイザーさんが言っていたので、確実に年収の高い人と出会いたい人は相談所いいかもしれません。

今日ひとり某士業の方と面談してきた。
私も田舎県なので大きな口は叩けないけど、関西出身の方とは今まで過ごしてきたバックボーンがちょっと違うかも、って思った。
私の目指す岸はまだ見えない。今日もこれから返信がんばります(逃避モードでこの記事を書いています)。