とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

よつばのクローバーの付いた、手帳下さい

ほぼ日手帳 2015
夏の終わりから秋の始まりを感じる9月1日までの数日間は、毎年楽しい悩みの時間が訪れる。
ほぼ日手帳の来年度のラインナップが発表されるからだ。
私は毎年カバーを替えたい派。
ラインナップから、うーんどれにしよっかなーとたくさんあるカバーの中から1枚を選ぶのが楽しい。
今年は一番初めの「これ、かわいい!」という第一印象を大事にして、ミナペルホネンのsometimes luckyを選んだ。結果、3年連続でミナになった。どちらかと言うと、普段の生活ではシンプルな物が好きだけど、ほぼ日はお留守番手帳だからいいの。日記帳として使っているから、多少分厚くてもいいの。
クローバーの中にひとつだけ、よつばのクローバーがあるのだそうで。
よつばのクローバーにあやかって、一年が良い年になるようにという意味も込めて。


ところで、ほぼ日手帳を使った事がない人にとって最大のネックはおそらく価格ではないかと思うんだけど、そういう時は本体価格を12で割ろう。
12で割って、一回のランチ代ぐらいだったら買ってみたらいい。私は今回オプションで下敷きも付けて約8000円。12で割ったら666.6666……円。普段のお昼代よりちょっと高いけど、全く出せない金額ではない。
私は日記帳として使っている。疲れた時は2,3日まとめて書き留める事もあるけれど、積み重ねられた記録はどんなものでも時間が経つと価値が出ると思っている。他の使い方は、ご飯日記でも、体重を書き留めるだけでもいいんじゃないかと。
買った本や読み終えた本のタイトルを書き留めていた時期もあった。使い続けるうちに自分にしっくりくるスタイルが見つかると思うし、まずは手に取って使ってみて欲しいと手帳です。ほぼ日手帳は。