とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

あかちゃんに会いに行く

いとこ*1に子供が産まれた。
このいとこは私と同い年で、小さい頃から付き合いが深い。姉妹のようなものだ。

実はもう一人同い年のいとこがいる。同い年の女の子、という事で、受験も就職も3人はなんとなく他の2人と比較されながら今までの人生を歩んできた。
高校大学受験の時も、他の二人は推薦でさっさと学校を決めた。私は一般入試だったので、学校が決まったのは一番最後。就職が決まったのも一番最後。このパターンで行くと、結婚も最後になりそうだな、と思うのは私だけだろうか。もう一人のいとこは未婚だけど、長く付き合っている彼氏がいるようだしな……。


今朝、「ベビー服のお古があるんだけど、お祝い持って行くんだったら持って行ってくれない。いつかとおちかが使う日のために取っておいたけど、使う日がいつ来るか分からないし、使うところに渡した方がいいよね?」と、母親からベビー服を渡された。
まだ相手も見つかっていないから確かにそうなんだが、そんな申し訳なさそうな顔をされると、こっちが困る。

いとこが使うというなら、持って行くか、と出産祝と一緒に持って行った。
いとこはベビー服も喜んでいたけれど、一緒に入っていた靴下を特に喜んでいた。まだ持っていなかったんだとか。

赤ちゃんと会う。
まだ産まれて二週間。赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返して、ふにゃふにゃと手を動かしながら、ベビーベッドの中に大人しく納まっていた。まだ小さい手でこちらの手をしっかりと掴んでくる。その小さな手に爪が生えてきていて、ちっちゃいけど生きているんだな、と思った。
小さい頃から知っているいとこもすっかり母の顔だ。
出産のあれこれ*2を聞いたりしながら、1時間くらい滞在して帰ってきた。赤ちゃんかわいかった! そして私にはない人生の経験をひとつ増やしたいとこを羨ましく思ったり。
私は……今できる活動をがんばるよ!!

*1:余談だけど、私にはいとこがたくさんいる。父も母も兄弟姉妹が多かったので、両方合わせると20人ぐらいいる。

*2:無痛分娩だったので、その話など。