とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

ひとり映画デビュー

f:id:toh_chika:20140330225436j:plain
先週の日曜日にゲキシネ観てきた。ついにひとり映画デビューだ。

新感線のこの舞台は公演時もオーブで観たんだけど、二階席で役者さんは豆粒状態だったので、映画だと表情がしっかり観れて嬉しい。

映像メインで活躍される方、舞台メインで活躍される方、その両方で活躍される方、色々な役者さんがいるけれど、三浦春馬さんは両方いけそうな方だなぁ、と。歌って踊れてイケメンで……いろんなものを持っているなぁ。
蒼井優さんはゲキシネの方がいいかも(映像向きってこと)。表情の切なさとか、さすがって思う。蒼井優さんの見どころはニーハイ。なんだあの太ももの細さと白さ。目が離せないよ!

お芝居観に行った事がない人は、ゲキシネおすすめ。超おすすめ。芝居のライブ感が味わえるのに、前方席で観ているかのように役者さんの表情の演技まで楽しめる。
あと、ミュージカルはちょっと……って人も、今公開中のジパング・パンクは入口として観やすいと思う。曲もすぐに口ずさめちゃうような覚えやすい曲が多いし、森雪之丞さんの詞と岡崎司さんの曲の組み合わせが、もう最高に楽しい。商人・ザ・スーパースターが頭から離れなくて、私は好き。

前作の薔薇とサムライをスクリーンで観たかった……リバイバル上映がスケジュール的に無理で行けなかったのが残念。

お芝居観にいくのと感覚は同じでしょ、ってひとりで観に行ったけど、誰か誘って行けばよかった。
私が観に行った回は舞台挨拶のライブビューイングがあった関係で、ぴあでしかチケットが買えなかった。そういう回で観に来ている人は相当好きな人だと思うんだよなぁ。私の隣の席はひとりで観に来ている男性だった。こういう時に声を掛ける勇気があれば! と思う。まぁマンガみたいに上手くはいかないんだろうけどね*1

*1:またマンガみたい、って表現を使っちゃったよ……と反省した。