とおくてちかい。

あらかた30オーバーがすっかり板についた33歳OL。婚活悪い見本な活動歴。

誰もがスタジオでは女優

書類を集めて、でもってまた支社に行って、契約書類を書き、入会の書類面での手続きは済んだ。次は写真撮影だ。
写真はスタジオに行って撮ってもらう。スタジオは予約制なので、土日を希望したら二週間ぐらい先の日が撮影日になった。
写真はだいじ。直接すぐに顔を合わせる訳ではないので、第一印象は写真から。この結婚相談所は顔写真から相手を検索できるサービスもあるので、写りのいい写真が撮れるに越したことはない。
男性はどうだか知らないけれど*1、女性はオプションでメイクサービスが希望できる。私はポイントメイクを希望した。基本料金にプラス¥2,000ぐらいだったかな。
ポイントメイクはどの程度のメイクなのかが分からなかったので事前に問い合わせてみると、化粧は普段の化粧でよくて写真で写した時に写真映えするよう、足りない部分を足すメイクをしてくれるのだそうだ。あんまり普段の姿から離れた化粧をするのも、写真と実際の印象がかけ離れたものになってしまいますからね、と受付の人。ふーん、じゃあ奇跡の一枚みたいな化粧にはならないんだね……。
当日はアイメイクやマスカラも普通にしてきて大丈夫、というので普段よりもベースは丁寧に塗って、他もいつもより少し丁寧に仕上げる程度にしてスタジオに向かった。
ポイントメイクは本当に足りない部分を強調するメイクだった。
カットされて描き足された眉*2に粘膜に引かれたアイライナーにマスカラがっつり上乗せ、濃いめチーク、リップも濃いめの色でしっかりと塗られて、ひとつ工程を終える度、鏡を見て「濃っ!!」と思った。これは【ポイント】なのかい? と、突っ込みを入れたくなる顔になったぞ。
メイクが終わったら次は撮影だ。
照明とかレフ板とか、スタジオなので色々機材がある中、背景の布の前に立ってポーズを取る。
ちなみに、この背景布は普通は白なんだけど、オプションで色が選べると言われた。たぶんこれも料金が加算されるんじゃないかと。白っぽい色の服を着てたら、背景替えた方が良いのかもしれない。私はブルーのワンピースだったので、替えずにそのままにした。
体をひねって下さい、とか、肩を少し落としてとかポーズの指示をされるので、言われるがままにそれっぽい体勢を取る。
そしてカメラマンさんは言った。
「ここでは自分が女優だと思って、一番の笑顔で!」

わかった。やりましょう。
いつもの顔だと怖いって言われるからね、笑いましょう。

にかっと笑ったら、OKが出たので、撮影は終了した。
学生の頃、それなりにプリクラを撮っていた。プリクラを見せた人にはよく「プリクラの時は笑顔なんだね」と言われた。そうです、プリクラの時は笑顔ができる。学生の時は【写真女優】という良いんだか悪いんだかのキャッチフレーズいただきましたからね。作り笑顔には定評がそれなりにあるよ!
どの写真を選ぶか決めて、スタジオを後にした。お会計はオプションのメイク料金のみ。撮影費用は相談所経由なので、ここではしない。写真が気に入った場合はデータ買取が後日できる。

で、後日そこで選んだ写真が入った会員証が自宅に郵送され、それと同程度のタイミングで自分のプロフィールページに写真が反映され、写真を見た訳だけど……、あんなに濃いと思った化粧もこうやって落とし込まれるとそこまで濃くないなぁ、と。
家族にはやさしい印象に見える。これは印象操作だ! とまで言われたので、まあまあ良い写真なんだろう、きっと。
これで無事写真撮影が終わった訳だけど、まだ本格的に活動は始められない。まだ続く!

*1:実際どうかは知らないけど、男性もファンデーションぐらいは塗ってるんじゃないかと思う。肌が補正されると全体的に顔の印象が変わるから。男性タレントもお化粧してるもんね。

*2:私は眉毛がしっかりあるので普段は軽くカットして形を整える程度